お腹八分目がお勧めなのは?

太りやすい他人は
食物を稚拙としてはいけないという
「惜しい心情」が働くといわれています。

まさにそのままで
食物を稚拙にすると罰が当るっていわれます。

また、出されたものは全て食べないといけない
残してはいけないとの胸中が強くなり
他の親子の食べ記しまで食い切る他人もある。

但し、健康ポイントからいうと
お腹いっぱい食することは、お勧めとはいえないのです。

むしろ、惜しくも食べたいという余韻をもたせて
ごはんを断ち切ることが大切だといわれています。

また、お腹いっぱい召し上がるため
消化にエネルギーが集中してしまい
食後の作業効率が低下する元凶にもなります。

一層、朝食をお腹いっぱい食べると
前述したように消化にエネルギーが集中する結果
体中の老廃物を排泄する関わりが窮するといわれています。

つまり、朝食後に期待される便意が弱り
慢性便秘にも達するのです。

それを防ぐには、食べたい胸中を抑えて
お腹八パイ目で甘んじることがかしこい食事法だといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です